アマニ,ニップンのアマニ
アマニ,ニップンのアマニ
このページはホームの中のアマニセミナーの中の第7回アマニセミナー トップ

アマニセミナー

栄養豊富なアマニの紹介

健康の決め手となる血管の状態。血管を若返らせる方法を循環器専門医の立場から、データなどを通して解説。

池谷医院院長
医学博士  池谷 敏郎 先生

血管の若さを保つための、摂取すべき栄養素をポイントに、調理方法や素材選び、アマニの利用方について解説。

管理栄養士 
小山 浩子 先生




楽天を優秀に導いたのはアマニ油だった?

 弊社は長年、食を通じて健康を応援することをモットーに、機能性を含んだ食品素材の開発に取り組んで参りました。
アマニについては2003年に、シープロ株式会社社長であり、日本アマニ協会会長でもある梅本氏から紹介していただき、取り扱いを始めました。
当初はパンの副資材として使っていましたが、オメガ3の脂肪酸であるα-リノレン酸が多く含まれており、健康に気を遣う方の増加に伴い、昨年来大変に注目を集めているところです。
よく知られていますが、α-リノレン酸は、体内で一部がDHA、EPAに変換されます。このあたりのことを、後ほど池谷先生に詳しくお話しいただきます。
 オメガ3が多く含まれる食品は魚ですが、昨今は日本人が食べる魚の量が減ってきまして、毎日摂るべきオメガ3が充分に摂取されておりません。それを補うものとして、弊社では植物の種のアマニを紹介しております。
オメガ3を多く含む食物としては、アマニのほかにはエゴマなどが知られていますが、ニップンのアマニ油は小さじ1杯を取るだけで、厚労省が推奨している食事摂取規準の1日分を取ることができます。
私も、毎日飲むコーヒーに入れて、日頃の不摂生をリカバーしております。
毎日摂取したいオメガ3を簡単に摂れるということで、アマニ油が脚光を浴びてアマニ市場はここ1年で大きな広がりを見せています。
弊社では、アマニ油のほかに、種をローストしたローストアマニ粒、ローストアマニ粉末、アマニ油入りのドレッシング、パスタソース、マヨネーズなどを開発して、より身近にアマニを摂取していただけるための品揃えを行なっています。
アマニには、α-リノレン酸のほかに、ポリフェノールの一つであるリグナン、食物繊維などの栄養成分が含まれていることもよく知られています。特に欧米では、こうした優れた栄養を含むことから「スーパーシード」と呼ばれています。欧米は魚をあまり食べないせいか、紀元前から食べているとも言われています。
アマニのシードは日本でもここへ来て大きな広がりを見せています。10月12日にテレビ朝日の番組「グッド!モーニング」で「栄養豊富で注目のアマニの新メニュー続々登場」というテーマで、弊社のアマニを使った店舗がいくつか紹介されました。
本日の休憩時間に、この番組で紹介されたお店の一つ「B by C」さんのアマニが入ったメニューをご試食いただくことになっています。
第1部では、池谷医院院長、東京医科大学客員講師の池谷敏郎先生にお話しをいただきます。テレビなどで大活躍をされている先生は、かなり以前から弊社のアマニ油を取っているとうかがっております。また、大変に若々しく、その秘訣についてうかがえればと思います。
第2部では、やはりテレビなどでもご活躍いただいている、料理家で管理栄養士の小山浩子先生からお話しをいただきます。
いずれも大変に興味深い話しであると思いますので、より多くの方にアマニがご愛用いただけることをお願い申し上げます。