アマニ,ニップンのアマニ
アマニ,ニップンのアマニ
このページはホームの中のアマニセミナーの中の第3回アマニセミナー トップ

アマニセミナー 育脳から認知症予防まで

日本人は65歳以上の4人に1人が認知症をひき起こす可能性があるといわれています。認知症と生活習慣病との関連性についても様々な研究が進み、生活習慣病患者は認知症を発症するリスクが高くなっていることも証明されています。
今回のセミナーでは、認知症と生活習慣病との関わり、生活習慣病や認知症予防に必要とされる今話題の栄養素、
オメガ3脂肪酸について、また日常の食生活からできる生活習慣病予防などを専門家のお話でご紹介させていただきます。

認知症患者の現況や社会的問題。認知症につながる疾患群や発症メカニズム。発症予防に有効な食事、運動、生活習慣などを医療現場から専門医をお招きして、お話しいただきました。

第1回 
順天堂大学 脳神経内科 西岡健弥 准教授
第2回 
東京医科大学病院 高齢診療科 櫻井博文 准教授 

生活習慣病予防のために、日頃の食事について栄養素や食事の摂り方を、管理栄養士の小山浩子先生が解説。

ダイエットなどで敬遠されがちな油。でも油には人の体調を整える重要な役割があります。そうした油を上手に料理に活かして摂っていただく調理法を、ハルヤマシタ東京 山下春幸エグゼクティブオーナーシェフにお話しいただきました。



 私ども日本製粉は、小麦粉、オーマイのパスタ、冷凍食品、加工食品などでおなじみですが、最近は機能性を備えた食材の研究開発を行っております。本日のセミナーもその一環で、アマニはまさに機能性食材の代表といえます。
 日本製粉は「食品を通して皆様の健康をサポートする」という理念を持っております。そして、最近よくいわれる「健康寿命」に貢献することを使命と考えております。
 私は、仕事柄いろいろな方とお話しをする機会があります。先日は、関西のある高齢者の同好会の代表者とお会いしました。100人ほどの会員の方がいる集まりですが、インターネットのゲームを愛好する会ということで、驚きました。
 そこでは、折りに触れてアンケート調査をするということです。ある調査で、会員の皆様が「一番なりたくない病気」をきいたところ、2位はガンだったそうです。そして、1位は男性は脳梗塞、女性は圧倒的に認知症という結果が出たとのことです。
 先日も、NHKで認知症の特集番組をやっておりまして、認知症に対する社会の関心が非常に高いことが分かります。
本日も講師の先生方から、いろいろなお話しがありますが、病気になってから薬で治すのではなく「日頃の食事や運動から病気にならないように備える」ことが大切だということは、お話しに共通することだと思います。
 「おいしく食事をして病気を防ぐ」という健康法、認知症予防の方法は、他にないすばらしい方法ではないでしょうか。
アマニと健康に関するお役立ち情報や、これまであまり知られていなかった情報も、たくさん飛び出してくると思います。先生方のお話しをどうぞお楽しみに。


セミナーには一般のお客様はじめ医療関係の方々、報道関係者 200名もの方々にご参加いただきました。

東京国際フォーラムで開催された第3回アマニセミナーには多くの方々にご参加いただきました。
アマニ油の使われたチキンフレーク